So-net無料ブログ作成

嬉しさも、中予半端な、三崎港

 今回は「嬉しさも、中予半端な、三崎港」を書こうと思います。

 昨日は土曜日だったので遅出で、9時30分に出庫しました。7時30分~8時頃までの出庫は場内が混んでいて、営業車を立駐から出しても止める所が無い程です。草

 昨日は9時過ぎに会社に着いたので、比較的すいていました。「っお、空いてんじゃん」と思って油断したのが悪かったのか、詳細は省きますが、自家用車を僅かに擦ってしまいました。車を傷つけた方なら分かると思いますが、何とも言えない「ドヨ~ン」感・・・です。まだ出庫して今かったので、帰る事も考えましたが、その日は自分が最も嫌いなシートカバーの交換日です。

 来ちゃった以上、昼を利用してシートカバーを交換して早退しようと思って、「ドヨ~ン感」満載で9時30分に出庫しました。流している途中、今日は早退すると、会社で大勢の乗務員に嫌われていて、自分もどーも生理的に受け付けない運行管理者に届けなければならない事に気付きました。自分の場合、「奴の依怙贔屓」が咋で生理的に受け付けません。

 「止めろと言われても~」古い歌の様に会社から退社勧告されても・・・辞めません。草
嫌われている依怙贔屓の理由は当然有ります。東北大震災があった時、自分の勤めている会社には、関東地方の東北地震の「地震保険」の査定の仕事が有りました。要は、地震による被害の査定の為の保険会社の社員の被害査定の為の現場への送迎です。

遠い所は「箱根」、「厚木」、「八王子」、「千葉」などの往復で、近いと市内一周です。金額は安くて3万円、箱根などに行くと6万円~7万円になりました。当然、メーターは査定中や昼食の時でも入れっぱなしで、そんな仕事が多い時は1日10本位、少なくても4,5本は有りました。 

会社はそんな仕事が保険会社から依頼された事など乗務員に告知せず、普通の仕事の様に無線を落としていましたが、当然、乗務員の知る事となり、その仕事を狙う為に保険会社の周りを流す車が増えました。多い時には20台~30台の会社の車が保険会社の周りをウロウロ巡回していました。草。

スーパーサインをボードで隠して流す車も出る始末です。草。会社にも「お宅の会社の車は手を挙げても何故止まらない」というクレームも当然入りました。草。その時の配車の責任者がその嫌われている運行管理者です。

何故「順番性」にしなかったのか今でも分かりません。下記に記した様に前日には必要台数が分かっていてこの仕事が「順番性」なら、20~30台の車が「当たるか当たらないかが分から無い」のに、馬鹿みたいに集まって来ませんし、会社としても非効率です。本当に馬鹿みたいな事を1年近くやっていて草が生えます。

 あとで分かった事ですが、保険会社から前日に「明日は午前〇時に〇〇台」と言うFAXが来ていたそうです。朝9時30分頃無線が落ちると、行く所によりますが帰りは遅いと午後5時頃でした。1時間近くその保険会社の周りを同じ会社のタクシーがグルグル回っている姿は・・・異様に見得たと思います。草

 話が横道に知れてしまったので、続きは次回に回します。To be contonued in next number・・・草

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント