So-net無料ブログ作成

とりま、現在の免許状況

 今回は「とりま、現在免許状況」を書こうと思います。

 何回か書きましたが、自分は来年の3月で業務経験が10年になるので、取るつもりは有りませんが、個人タクシーの受験資格がある様です。因みに業経歴の10年の判断は、社会保険の加入期間で計算されるそうです。

 自分の場合は途中会社とトラブって約10ヶ月休職していましたが社旗保険は支払っていたので、通算勤務年数は10年になるそうです。逆を言えば、一旦社保を切ってしまうとその未加入期間は参入されないそうです。換言すれば10年は社保の加入期間を元に判断される様です。

 あとは、無事故無違反機関の3年が条件になります。自分の場合は昨年の9月4日に信号無視で捕まってしまったので、今週の9月4日で無事故無違反歴は1年で、個人タクシー申請の要件の3年まであと2年間有ります。草。

 自分が仮に個人になろうとした時は、取り敢えずあと2年間無事故無違反を続けなければなりません。

 しかし、法人経験10年があるので、来年の11月に有る、法令・地理の受験資格は有るので受験は出来る様です。が、仮に受験に通ったとしても無事故無違反の3年は満足していません。要は2年不足しています。

 ではどうするのか?・・・デス。結果、試験に合格しているのであと2年無事故無違反を続ければ、2年後の譲渡台数やその時の順番の決め方は分かませんが個人タクシーの免許は譲渡により取得できるという事です。所謂タクシー用語で「喪が明ける」まで試験に合格しても免許の譲渡譲受申請は出来ない事になります。苦草

 自分は業界をなるべく早く離れたいので、個人タクシー協会には一切連絡をしていますので、試験合格後の「喪が明けた後の」譲渡譲受の順番の決め方はサッパリ分かりません。草

 自分としては、今週の9月4日は明け番なので、明日の9月3日の1日を無事故無違反で過ごす事が喫緊の課題で草がはえます。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント