So-net無料ブログ作成

国交省、EV、PHV導入補助金公募スタート

 今回は「国交省、EV、PHV導入補助金公募スタート」を書こうと思ます。

 国交省は、バス・タクシー・トラック事業者を対象に次世代自動車導入補助金の2019年度公募の第2段を開始した様です。正式には「自動車環境総合改善対策費補助金(地域交通のグリーン化に向けた次世代自動車の普及促進事業)」と言うそうです。

 第2段があるという事は第1弾も有り、第1弾は「市場に導入された初期段階で、価格高騰期にあり、積極的な支援が必要」との理由から、「燃料電池タクシー、電気バス、プラグインハイブリッドバス、超小型モビリティ」の導入を対象に、車両・充電設備等価格の1/3を上限に補助された様で。

今回の第2段は、「車種ラインナップが充実し競争が生まれ、通常車両との価格差が低減」されたので、「電気タクシー、電気トラック(バン)、プラグインハイブリッドタクシー」を対象に 車両・充電設備等価格の1/4~1/5を上限に補助されます。EVタクシーは1/4の補助金になり、PHVは1/5の補助金の様です。

 驚く事に第3弾迄ある様で、支援の最終段階としてタクシーは該当しませんが、支援の最終段階としてハイブリッドバス、天然ガスバス、ハイブリッドトラック、天然ガストラックに対して、「通常車両との“差額”の1/3」が補助される様です。

 この補助金の交付は上記した国土交通省の補助事業の「地域交通グリーン化事業」によるもので、今年の交付額は5憶3千万円の予算が付きました。

 又、国交省は中小事業者向けに第3弾の補助金公募を始めました。

 この事業は、平成30年6月15日に閣議決定された「未来投資戦略2018」による運輸部門における省エネの推進で、「2030年に新車販売に占める次世代自動車の割合を5~7割とすることを目指す」為の補助金の様です。

 それにしてもタクシー業界には、UDタクシー導入の為の補助金や今回の電気タクシーや
プラグインハイブリッドタクシーの導入に際して補助金が交付されています。

 換言すれば、現存しているタクシーを入れ替える際にトヨタのジャパンタクシーや電気自動車やプラグインンハイブリッドを採用すれば補助金が付くので、事業者は助かるのではないかと思います。

 現況、車両を入替る際はガソリンの普通乗用車orハイブリッド又はLPではトヨタのUDのジャパンタクシーの一択です。

 逆にEVでは日産のリーフ一択になります。
 
 地域交通のグリーン化に向けた次世代自動車の普及促進事業に名を追かりた、タクシー車両の導入に補助金が付くのは、何か腹が立ちます。幾らEVだのPHVだのと言ってもそれに乗る乗務員の給料は・・・結局、良い思いをするのは事業者と車両を販売する、トヨタと現況ではEVの日産だけの様な気がします。草

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント